消えゆくご当地美女

時代と共に美女の定義は変わってきます。流行によってメイクやファッションが大きく変化するように、好まれる顔やスタイルなども変わります。 美容整形が一般的になった現代では、流行を追うように女性たちは顔そのものを変えてしまいます。いわゆるプチ整形であれば、費用もそれほどかかりませんし、長期間の入院をする必要もありません。 今や、ある日突然友人や家族の顔が変わっている、なんてことが十分にあり得る時代となっています。

ご当地美女

美女の多い地域としてよく知られていたのは沖縄や東北地方です。ちょっとエキゾチックな顔立ちの沖縄美女や、白く美しい肌を持った東北の女性は美女の代名詞となっていました。
また、多くの人が集まる東京には洗練された美しい女性が多いですし、多くの芸能人を輩出していることでも有名な福岡も美人の多い地域として知られています。 このように、かつてはご当地美女と呼ばれるものが存在していました。

みんな同じ顔に?

最近、テレビで見るタレントの中には顔がそっくりな人たちが多くなっていませんか?単に多くの人に好まれるルックスの女性がタレントになった、とも考えられます。しかし、目や鼻の形や顎のラインなどがまるで工業製品のようにそっくりなこともあります。 こういったタレントを見るとつい整形を疑ってしまいます。
誰もがその時代に流行している顔になりたいと考えてしまいます。ですので、美容整形を受けると誰もが似た顔になってしまうのかもしれません。 もちろん、美容整形を受けて美しい顔を手に入れることができれば、コンプレックスも解消されて自分に自信を持つことができます。これによってストレスが減り、性格も明るくなったという人だっています。 しかし、その人ならではの個性が失われてしまうのではないか、という声も聞かれます。

個性は不要?

そもそも個性は必要なものでしょうか?現代社会では、人と違っていると、それだけでいじめの対象になってしまうこともあります。 個性を伸ばすという教育方針がとられたこともありますが、明らかにこれは失敗だったはずです。もちろん、個性がプラスに働くこともあるでしょう。しかし、ほとんどの場合はコンプレックスになってしまったり、社会で生活するうえで邪魔になってしまうものばかりです。 現代は個性は不要とされる時代なのかもしれません。

同じ日本国内であっても地域によって風習や文化、気候が異なります。かつては、これによってその土地ならではの個性的な美女が存在していました。 しかし、個性が不要とされる現代においては、ご当地美女は姿を消しつつあります。

Copyright© 2013 各地の風俗事情 All Rights Reserved.