季節ごとに違うデリヘルの楽しみ方

いつ遊んでもデリヘルは楽しい物、それは間違いありません。しかし季節によってちょっとした工夫をすればさらに充実したものになるのです。日本には四季があり、春夏秋冬それぞれの楽しみ方・過ごし方があります。風俗でもそれに合わせてちょっと工夫をしてみましょう。

暖かい季節はクールに遊ぶ!

春先などは冬の寒さも抜けて暖かく活発に活動することができるでしょう。しかし日によっては汗ばむ陽気になることもありますよね。また、夏などはホテルに移動する間に汗をダラダラとかいてしまうかもしれません。正直なところ、そんな日に女の子と抱きあうなんて考えられませんよね。無理してプレイをしても楽しくないのではないでしょうか。 汗をかくくらい暑い日にはまずしっかりとクーラーで部屋の温度を下げておきましょう。そしてシャワーではなく、お風呂を溜めてください。「暑いのに湯船に入るの?」と思うかもしれませんがご安心を。冷感タイプの温泉の素を入れれば体がスッキリと涼しくなるのです。お風呂場を出れば部屋はクーラーも効いていますのでさらに涼しく、むしろ寒く感じるかもしれません。 そうなればきっと暖を求め、デリヘル嬢の体に抱きつきたくなるはずです!暑い日には体はクールに心はホットに遊んでみましょう。

寒い時期はイチャイチャしよう!

冬場は体の芯から冷えてしまって指先の動きなども悪くなります。動きだけでなく実は感度も鈍くなりますのでせっかくデリヘル嬢を呼んでもいつもより気持ちよくない、なんてことがあるのです。そんな事態に陥らないためにどうしたらいいのか、それはお風呂に浸かることです。湯船にお湯をためてじっくりと体を温めていきましょう。もちろん一人では寂しいのでデリヘル嬢と入ってみてください。話をしながらボディタッチをしてイチャイチャしながら混浴を楽しみましょう。二人の距離も縮まりますし、体が温まってお互いに感度も増してきます。気分が盛り上がったのならばそのまま浴槽でプレイを開始してしまってもかまいませんよ!

後戯でも体を冷やさないように気をつけましょう。プレイ後はたぶん男性側は体が熱くなっていますが、布団はかけておいたほうが無難です。体を冷やすと風邪をひきやすくなりますし2回戦目以降、感度が鈍くなってしまいます。また二人でひとつの布団にくるまっていたほうがイチャイチャしやすいので2回戦目に突入しやすいというメリットもあります。後戯の際にはベッドの上で布団にくるまってみてください。

Copyright© 2013 各地の風俗事情 All Rights Reserved.