自分も女の子も楽しめる自然なプレイを目指しましょう

「女性をイカせたい」ある意味でこれは男の本能と言えます。肉食系はもちろん草食系であっても女性とベッドを共にすればそう思うものなのです。デリヘル遊びでも女の子を感じさせたい、そう思うことはあるはずです。とはいえ相手は性のプロですから「どこまでやっていいの?」と思うかもしれませんね。デリヘル嬢たちを責めるときの心構えを考えてみましょう。

男は女を責めたくなる?

デリヘル嬢たちも性のプロとはいえ一人の女性です。好みの男性に責めてもらいたい、責められたら弱い部分などもあるものです。実際にプレイ中に本気でイク子も少なくありません。そういった感度の良い美女を責めてみたい、そう思うのは男の本能と言えるものでしょう。感じている女性の顔を見れば興奮してきますし精神的な満足感が得られて自分の性感アップにもつながっていきます。男は女を責めたくなるもの、それは間違いないといえるでしょう。

強引に責めるのは絶対にNGです!

とはいえただがむしゃらに責めるというのは良くありません。クリトリスや乳首といった部位は女性なら誰でも間違いなく性感帯です。しかし「乳首を舐めてクリを弾けばOK」という安直な考えは危険です。デリヘル嬢たちは日々たくさんの男性とプレイをしています。ほとんどのお客が彼女らを感じさせようと性感帯をいじくっているのです。中には強い刺激を与えて強引にイカせようとする人もいるでしょう。デリヘル嬢たちの性感帯は日々酷使されていき、ヘタをすると「痛い」とすら思うようになってしまうのです。「女を感じさせたい」そういう男の本能を満たすのも大切ですが、強引で自分勝手なテクニックを使うのはやめましょう。AV的なプレイなんてもっての外ですよ!

自分の得意なテクニックで楽しもう!

相手は性のプロなのですから、無理に「イカせよう!」と意気込む必要はありません。変に意識してしまうと肩に力が入ってしまってデリヘル嬢の体に負担をかけることにつながります。「エッチを楽しもう」くらいの軽い気持ちで楽しむようにしてください。

また、いつも使わないようなテクニックを駆使するのもやめたほうが無難です。慣れない技は動きも良くないですから変に女体を傷つけるかもしれません。AV男優が使う潮吹きを真似てデリヘル嬢の膣を傷つけるなんてことはよく聞く話です。お互いのためになりませんからやめましょう。 いつも使っている自分の得意なテクニックを楽しみながら使って遊んでいきましょう。

Copyright© 2013 各地の風俗事情 All Rights Reserved.