勇気を持ってマグロを楽しみましょう!

ついつい男というものは「女の子には気持ちよくなってもらいたい」と思いがちです。プライベートであればそういう気持ちも大切ではありますが、デリヘルではその思いは全くの不要といえます。むしろおとなしくしていた方が嬢にとってもありがたい、そんなことすらあるのです。無理をして愛撫をする必要はありません。デリヘルだからこそマグロを楽しんでみましょう。

デリヘル嬢の本質を知るべし!

デリヘルとプライベートのエッチは全くの別物です。そもそもデリヘル嬢というのは性のプロです。支払ったプレイ料金の代価として性奉仕をしてくれます。彼女やセフレの場合、男女ともに対等な関係でありそれぞれが責め合うというマナーがあります。しかしデリヘルにはそういったマナーは存在しません。お客である男性側はたとえ何もしなかったとしても文句を言われることはありませんし、女の子に嫌われるなんてこともありませんので安心してください。お客と従業員、デリヘルではその関係は絶対なのです。

マグロだって構わないんです!

デリヘル嬢たちはお客である男性たちに性奉仕をすることがお仕事になります。例えば普通のマッサージ店員はお客の体を揉みほぐすことが仕事です。お客から揉むなんてことは絶対にありません。ましてや店員の方から「ちょっと揉んでくれますか?」なんて言うわけありませんよね。デリヘルも同じで、あくまでもサービスを受けるのはお客側です。マッサージ店と同じようにサービス中は寝てしまっても構わないのです。女の子への愛撫が面倒だと感じたならばする必要なんてありません。マグロになってひたすら女性のテクニックを味わいましょう。

全てを受けきるつもりでデリヘルを楽しもう

デリヘル嬢とはいえ必ずしもテクニシャンかと言えばそうでもありません。熟練の技を持つ子がいればあまり上手ではない子もいるでしょう。それでも彼女らは性奉仕のプロですから素人の女性よりも平均的な性レベルは高いですし、こちらから要求することもできます。やって欲しいことがあればドンドン口にしましょう。「奥まで咥えてみて?」「手コキしながら乳首舐めて」「尿道を舐めてほしいな」などワガママに注文をつけていきましょう。もちろん女の子によってはNGプレイもありますのでそこは無理をしてはいけません。そうしたところを注意しつつ、料金分のワガママを言っていきましょう。デリヘル嬢たちのテクニックを全身で味わってみてください。

Copyright© 2013 各地の風俗事情 All Rights Reserved.