激安店と高級店、デリヘル戦国時代を生き残るのはどっち!?

今の時代、他店とどれだけの差をつけるかがデリヘル生き残りのポイントとなっています。特に「料金」と「価値」のバランスというのはとても重要で各店ともにかなり気を使っているようです。中でも代表的なのが「激安」と「高級」という両極端な考え方。果たして今の時代を生き抜くにはどちらの方が良いのか見ていきましょう。

価格は風俗店を選ぶポイントになるか?

風俗を利用するにあたって料金というのはけっこう重要ですよね。一般的にはデリヘルの60分コースで1万6千円くらいが相場になります。さらに指名料で千円くらいかかりますし、ホテルやレンタルルームを借りればプラス2千~5千円くらいかかってきます。お財布の事情によってどんなお店を利用するか考える人もけっこういるのではないでしょうか?プレイ内容や女の子の質などと同様に、デリヘルの価格というのは店舗選びの重要なポイントとなるものなのです。

激安店乱立時代に突入!?

デリヘル戦国時代と呼ばれていて各店ともに頑張って顧客獲得を行っています。特に熾烈な争いとなっているのが「価格競争」です。例えばコンビニで100円のお菓子が、激安専門店で80円で売っていたとしたらどうしますか?同じ商品であれば安い方に手を出しますよね。風俗でもそれは同じで、サービスや女の子の質が同程度であるならば格安なお店に向かうものなのです。 実際に60分のコースで1万円前後というお店はかなり増えてきています。「激安 風俗」と検索すればそういったお店をすぐに見つけることができるでしょう。しかも値段が安いだけでなくプレイの質が高まっている傾向にあるのです。とある都内のグループ店では「ハードプレイ&激安」という看板を掲げて人気を誇っています。

高級感で差をつける試み

野心的なデリヘル店の多くが激安競争をしている中で高級路線をひた走る店舗も出てきています。何と60分のプレイで3万円~5万円くらいするところがあるのです。なぜこんなにも高いのか?それは取り揃えているデリヘル嬢の質に秘密があります。見た目や性格にこだわって厳しく面接をし、さらに受付嬢・CA・RQ・モデル・女優の卵などプレミア感ある女性を取りそろえているのです。トップクラスの美女ともなると1回のプレイで10万円以上することもあります。意外と富裕層に人気があり、1日のお客は少ないものの激安店並みに売り上げを上げています。高級店もまた、戦国時代を生き残る一つの考え方と言えるでしょう。

Copyright© 2013 各地の風俗事情 All Rights Reserved.