大阪に行ったら必ず食べておきたいグルメは?

くいだおれの街と言われるほどに、大阪ではさまざまな形のグルメを楽しむことができます。 それは観光客にとって、とてもうれしいことである一方で、何を食べれば良いのか解らなくなってしまう、という難点もあります。

大阪のガイドブックなどをチェックしてみても、どれもおいしそうなものばかりで、何を選べば良いのかまったくわからなくなってしまった、という方も多いのではないでしょうか?

確かに大阪にはいくつもの名物や、食べておきたいグルメが存在していますので、迷ってしまうのは仕方のない事でしょう。

その全てを食べてみたい!と思っても、時間にも胃袋の大きさにも限界がありますので実現することは難しいものです。 さらに、メインの目的はあくまで風俗遠征であれば、予算にだって限りがあるかもしれません。

そこで、ここでは大阪へ行ったらぜひ食べておきたいグルメをいくつかまとめてみました。あなたの、大阪遠征の際の食事の参考にしていただければ幸いです。

大阪といえば串揚げは絶対に外せない!

まず、大阪で必ず食べておきたいものとして、真っ先にご紹介したいのが串揚げです。季節の野菜や魚介類、肉類などをたっぷりの特性ソースにつけて食べる…想像しただけでおもわず頬が緩んでしまいそうになってしまいます。

近年では全国的にも知られるようになった串揚げですが、やはりチェーン展開している新しいお店と、長い歴史を持つ老舗では、オリジナルのソースに味の深みがまるで違っています。

また、現地であればとてもリーズナブルな価格で楽しむことができますので、せっかく大阪へ行くのであれば、絶対にチェックしておきたいグルメであると言えるでしょう。

お店によって種もソースの味もまるで違っていますので、少しずつ色んなお店で楽しんでみるのも良いかもしれません。

粉もんの王道!たこ焼きもやっぱり食べておきたい!

たこ焼きなんてどこでも食べることができるから、いくら本場とは言っても…なんて考えている方も多いのではないでしょうか? 確かに、近年では大阪の有名店が全国にチェーン展開をしているケースも少なくありませんので、どこでも本場の味を楽しむことができる、と言えるかもしれません。

しかし、やはり大阪で食べるたこ焼きは他の地域で食べるものとは一味違っています。

大阪でぜひたべていただきたいのは店舗を構えている有名店ではなく、小さな屋台などのものです。

店舗型の有名店のものも、確かにおいしいのですが、あまりにも人気が高いお店ではその場で焼くのが間に合わず、作り置きしているものを温めなおして提供しているケースも少なくありません。 これでは焼きたての味には到底かないませんよね。

それに対して、小さな屋台のお店では作り置きをしておくスペースもありませんので、提供までの時間が多少かかってしまう可能性はありますが、ほぼ確実に焼き立てのものを味わうことができるのです。

本場大阪の焼き立てのたこ焼きに勝るものはありません。ぜひ一度味わっていただきたい大阪の味です。

このように、少しだけ視点を変えてみることによって、本場大阪で何を食べるべきなのかが見えてきます。 せっかくの大阪遠征をもっと楽しいものにするために、しっかりとポイントを押さえてグルメを楽しんでみましょう。

Copyright© 2013 各地の風俗事情 All Rights Reserved.