実はうどんこそが博多名物?

福岡で麺類を食べるというとすぐにラーメンを思い浮かべてしまいます。名物ですので、それは当然のことでしょう。 もちろん、福岡のグルメの王道ですので、絶対にラーメンは食べるべきだと思います。

しかし、福岡には独自の形で発展し続けているうどんも隠れた名物であることをご存じでしょうか?

讃岐うどんや京うどん、そして関東のうどんともまったく違った博多うどん。どんなものなのかまったくイメージすることができない、という方も少なくないでしょう。

ここではそんな博多うどんの魅力についてお話してみたいと思います。

博多うどんってどんなもの?

よく「うどんはコシ」なんて言われています。讃岐うどんなどはとてもコシがつよく、それが人気の秘密となっています。 それに対して博多うどんは、ほとんどコシのない、どちらかというとふんわりとした麺が特徴となっています。

こう言ってしまうと、あまりおいしそうに感じない、という方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、しっかりとアゴ出汁の聞いたスープとふんわりした博多麺との相性は抜群です。

全国的なスタンダードとなっている讃岐うどんを食べ慣れている方は最初だけすこし違和感を覚えてしまうかもしれません。

しかし、一度味わってみると虜になってしまったという方も少なくありませんので、食べてみる価値は十分にあるでしょう。

トッピングはなにがいい?

あなたはうどんのトッピングといえば何を思い浮かべますか?エビ天やかき揚げ、わかめや月見など、人によって好みはさまざまです。

しかし、博多うどんをもっとも楽しみたいのであれば、絶対に一度はためしていただきたいトッピングが、ごぼ天です。 これはその名の通りごぼうのてんぷらで、全国的にはあまりメジャーなトッピングではないかもしれませんが、福岡ではとても高い人気をあつめています。

ふんわりとした柔らかな面にごぼうの硬めの触感が見事にマッチして、博多うどんのおいしさを最大限に引き出してくれるのです。

また、北九州方面へ行けば、牛スジを柔らかく煮込んだものをトッピングしたものも高い人気を集めていますので、食べ比べてみるのも良いのではないでしょうか?

うどんのお供の定番!いなりも福岡は一味違う!

うどんと一緒に注文したくなるものといえば…やはりいなり寿司ではないでしょうか?全国的には、俵型のものが一般的ですが、福岡では少し大きめの三角いなりが一般的です。 中身の酢飯にも具が入っているものがほとんどですので、同時にこれもあじわってみてはいかがでしょうか?

また、かしわごはんのおにぎりも、福岡の場合すこし甘めの味付けになっています。これは好き嫌いが分かれてしまいますが、一度食べてみる価値は十分にあると言えるでしょう。

福岡で麺類…こう言ってしまうとほとんどの方が真っ先にラーメンを思い浮かべてしまうものです。 しかし、福岡ならではのうどんもとても魅力的なものですので、一度味わってみてはいかがでしょうか? きっと後悔することはないはずです。

ラーメンほどではありませんが、うどんにもその地域ならではの特色が色濃く出てくるものです。 各地の風俗をチェックすると同時に、その土地のうどんを食べ歩いてみるのも良いのではないでしょうか?

Copyright© 2013 各地の風俗事情 All Rights Reserved.