福岡で楽しめる意外なグルメとは?

福岡のグルメといえば、何をイメージしますか?豚骨ラーメンやもつ鍋、そして辛子明太子などを思い浮かべる方がほとんどだと思います。 確かにこれらは、福岡にご当地グルメとしてこの街の生活に密着しているものです。まさに、福岡の味と言うことのできるものでしょう。

しかし、さまざまな味を楽しむことのできる福岡のグルメはこれだけでは語りつくすことはできません。

福岡ではこんなものもおいしく食べることができるんだ!?と驚いてしまうものも少なくないでしょう。 そこで、ここでは少しだけ意外な福岡のグルメについてお話してみたいと思います。

福岡の魚介類はおいしい!?

あまり、福岡の魚介類が美味しいというイメージを持っていない方も多いのではないでしょうか? 魚介類といえば、どうしても北海道などの寒いエリアばかりをイメージしてしまいます。そして、南へ行けばそれだけ肉料理などのイメージが強くなってくる傾向があるようです。

しかし、福岡は東西で海に面していますので、とても豊富な魚介類を楽しむことができる街です。

まず、福岡に来たら食べていただきたい魚介類といえば、生のアジやサバです。青魚は非常に傷みやすいことから、他の地域ではそれほど生で食べる習慣はないかもしれません。生に近い状態で食べるにしても、酢でしめたものがほとんどでしょう。

しかし、福岡では新鮮なアジやサバなどを手に入れることができますので、生の状態でもとても美味しく食べることができるのです。

特に、シーズンが限定されてしまいますが、関アジや関サバを一度食べてしまうと、もう普通のアジやサバには戻ることができないほどのおいしさです。

また、北九州近郊エリアでは、イカやフグなども楽しむことができますし、糸島などのエリアでは冬になると、近年ブランド化され、全国的にも高い評価を受けている牡蠣なども味わうことができます。

九州の魚介類はあまりおいしくない…そんなイメージを持っている方も少なくないかもしれませんが、それは大きな間違いです。 福岡で一度魚介類を食べると、そのイメージを大きく覆すことになるかもしれません。

福岡は醤油からして味が違う?

あまり知られていないことですが、地域によって醤油の味もまったく異なっています。中でも福岡のものはとても特殊ですので、刺身や寿司などを食べる際に少し驚いてしまうかもしれません。

特徴としては、甘みがとても強く、他の地域の醤油と比較すると塩気が弱く感じられる、すこしだけ優しい味わいの醤油となっています。

さまざまな料理がこの醤油をベースとして作られていますので、これこそが福岡の味のベースであると言えるのではないでしょうか?

近年では、この独特の味わいの醤油が人気を集めるようになり、土産物としての人気も高まりつつあります。 福岡へ行く際には、この土地ならではの醤油を買って帰ってみてはいかがでしょうか?

福岡には良く知られているものの他にも、さまざまなご当地グルメがあります。それほどインパクトの強いものではなくても魅力的なものがいくつもありますので、あなたも味わってみてはいかがでしょうか? 福岡という街は風俗もとても魅力的ではありますが、グルメの面でもとても大きな魅力を持っているのです。

Copyright© 2013 各地の風俗事情 All Rights Reserved.