東西文化の入り混じる地で生まれた風俗

全国にはさまざまな形の風俗店が存在しています。東西文化の中間点である東海地方にも、他の地域とは異なったシステムを持った風俗店があります。ヘルスのメッカとしてもよくしられる名古屋独自のシステムとは!?

各地域独特のサービスを持つ風俗店があるのと同じように、その地域独特のシステムを採用しているお店も存在しています。 東海地方の中心地である名古屋市には多くのファッションヘルス店があることでよく知られています。市内最大の繁華街である栄周辺は全国でもっとも多くのヘルス店が営業しているエリアとなってます。 織田信長や豊臣秀吉の出身地としても知られる地域だけに、野心家がとても多いため、ピンサロやセクキャバのように狭いブースで受けるサービスよりもヘルスのように個室でゆったりと受けるサービスの方が高い人気を集めています。

名古屋独特のシステム

このエリアのヘルスのシステムは一般的なものとはちょっと違っています。一般的なヘルス店の場合、サービス料などすべてを含めた料金を一度に支払う形です。しかし、名古屋の場合は店に入った時点で入店料を支払います。もし、女の子の写真を見て気に入らず、実際に利用しなくてもその料金は帰ってきません。 そして、実際にお店でサービスを受けると、別でサービス料金を支払う形となります。

風俗で遊びなれている人の中には、複数の風俗店に入って写真などで出勤している女の子を確認してお店を選ぶ人も少なくありません。 しかし、名古屋ではこのようなお店の選び方はできなくなっています。

名古屋は昔から関西と関東をつなぐ交通の要衝として栄えてきました。ですので、東西のさまざまな人々が集まってくる地域です。 そんな東西の文化が交わる形で風俗も発展してきましたので、どうしても一見さんが多くなってしまいます。 一説によると、こうした一見さんと常連客を見分けるためにこうした独特のシステムを作り出したともいわれています。

Copyright© 2013 各地の風俗事情 All Rights Reserved.